コレステロールが高い!?最初にするべき対策とは…

健康診断でコレステロール値が高いと言われたり、今までの食生活から“これは絶対に血中脂肪が多いはず…”という自覚がある場合に、最初にするべきことは何でしょうか?

その答は簡単で、まず“どの程度、コレステロール値が正常値をオーバーしているのか”を確認することが先決です。

多少オーバーしている程度なら、食生活の見直しをすれば徐々に正常値に近づいていきますし、重度なら直ちに医療機関を受診しなければなりません。慌てずに、まずは冷静に状況を見極めることが大切です。

>>コレステロールの標準値を確認!

動悸とは…?コレステロールとの関連が深い病気とは…?

コレステロールが引き起こす病気闇雲に不安を感じる必要はありませんが、リスクを正しく理解することは重要。そこで、コレステロール値の基準を知った後は“コレステロール値を下げないと、どのようなリスクが生じるのか”を知っておく必要があるでしょう。

次に収集するべき情報は、コレステロールと関連の深い病気についてのデータです。その上で、すでにそれらの病気にありがちな自覚症状が出ていないか…をチェックしなければなりません。もし、自覚症状に覚えがあるようなら、すぐに医療機関を受診しなければ危険だからです。

>>コレステロールを原因とする病気について調べる!

コレステロール対策の具体的な方向性は…?

現状のコレステロール値が重症ではないこと、今現在、大きな病気に罹患している兆しがないこと…の2点を確認したら、まずは自力での対策を始めましょう。

医療機関で行われる治療でも、中等度以上の方に行われる投薬のほかは食事療法、運動療法といった習慣の見直しが中心になります。これは要するに、自分の力でもある程度の緩和は可能だということです。

正しい対策を行えば、コレステロール値は徐々に正常値へと近づいていきますから、慌てずに地道な対策から始めてください。

>>自分の力でコレステロール値を下げる方法を知る!

最優先はコレ!食生活改善のススメ

コレステロール対策は食生活改善から実は医療機関を受診したとしても、投薬や運動療法はあくまで補助的な手段に過ぎません。コレステロール値を低下させるためには、何よりも食生活の見直しが重要です。

実際のところ、過度な肉食などをはじめとする食生活の乱れがコレステロール値上昇の原因。根本的な部分を立て直さなければ、コレステロール値を元に戻し、正常値で維持することなど出来ないのです。

コレステロールを正常化してくれる食品について詳しく知ることが、中高年からの体調管理における第一歩といえます。

>>コレステロールを下げる食品一覧を見る!

最重要の成分はEPA&DHAの2つ!

コレステロールを下げる成分:DHAただ、もっとも有用な栄養素についてはハッキリしていますので、まずはEPA、DHAという2つの成分について知ることが重要。

これらは青魚に含まれる不飽和脂肪酸の一種で、悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加させる…という一石二鳥の働きをしてくれるのです。

ただ、青魚だけから充分な量を摂取するのは難しく、現代人で推奨摂取量を満たしている方はほとんどいないのが現状。毎日欠かさず青魚を食べている方がどれほどいるかを考えれば、やむを得ないところではありますが、積極的にコレステロール対策を考えているのなら、サプリメントを使用して充分なEPA&DHAを取り入れなくてはなりません。

>>EPA&DHAのコレステロールに対する有用性をチェック!

まとめ〜コレステロール対策にはEPA&DHAサプリは不可欠!

以上のように、食事療法のエッセンスを取り入れた食生活へと切り替えつつ、食材からの推奨量摂取が難しいEPA&DHAをサプリメントで補う…というのがコレステロール対策の基本になります。

もちろん、時間があるときはウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動をするなど、食事以外の面でも健康維持を心がけてください。食事、運動、睡眠などのトータルケアを行うのが、少しでも早くコレステロール値を低下させるための最重要課題です。

>>EPA&DHAサプリメントでコレステロール値を下げる!