医薬品の力でコレステロールを下げる方法

医薬品の力でコレステロールを下げるさすがに少し標準値をオーバーした程度ですぐに医薬品に頼ることはオススメしませんが、基準を大きく超えてしまっている場合には薬の服用を検討するのも1つの選択になるでしょう。実際、医療機関で中等度、あるいは重度高コレステロール血症の治療をする場合、食事療法、運動療法に加えて投薬を行うのが一般的です。

こちらでは、薬品を用いてコレステロール値をコントロールしたい…と考えている皆さんに向けて、具体的なアドバイスを行いたいと思います。

コレステロールを下げる薬を紹介!

それでは、コレステロール値をコントロールするために用いられる脂質降下薬を具体的に紹介することにしましょう。

1.還元酵素阻害薬(HMG-CoA)
簡単にいうと、コレステロールの生合成を妨害するための薬品です。その結果、肝臓でのコレステロール恒常性を保つため、血液中のコレステロールの肝臓へと取り込むためのLDL受容体が増加。結果的に血中のLDL(悪玉コレステロール)が減少します。コレステロールだけでなく、一般に中性脂肪と呼ばれる血漿トリグリセリド値も下がるため、悪玉コレステロールと中性脂肪の両方に効果的。スタチンと呼ばれることもあり、シンバスタチン(リポバス)、ロバスタチン(クレストール)、アトルバスタチン(リピトール)、フルバスタチン(ローコール)などの医薬品が用いられています。副作用としては、血小板減少、肝障害、横紋筋融解症などが有名。
2.フィブラート系薬剤
脂質を合成するタンパクの合成を抑制する薬。リポタンパク質リパーゼを増加させて、VLDL(悪玉コレステロールの一種)を異化させ、さらに胆汁酸を増加させることでコレステロールの排出を促します。フェノフィブラート(リピディル)、ベザフィブラート(ベザトールSR)などで主に用いられており、副作用としては膵炎、肝障害、無顆粒球症、皮膚粘膜眼症候群などが挙げられます。
3.プロブコール
スカベンジャー受容体の1つで、コレステロールを肝臓に逆転層して血中コレステロールを減らすと同時に、動脈硬化を緩和。ただし、具体的な作用機序はいまだにハッキリしていません。商品名ではロレルコ、シンレスタールが挙げられ、副作用は消化管出血、心室性不整脈などが指摘されています。
4.EPA
血栓予防、動脈硬化の緩和が期待できる成分で、虚血性心疾患の再発を抑えるなど全般的に使われています。商品名はエパデール。副作用は多量摂取した場合に血小板凝集抑制が指摘されていますが、もっともリスクの少ない薬品の1つ。

以上4つのほかにも、レジン、ニコチン酸のニセリトロール(ペリシット)などが脂質降下薬として知られています。基本的には処方薬ですが、EPA製剤のエパデールだけはスイッチOTC医薬品となり、薬剤師の説明を受けるだけで購入できる第一類医薬品になっていますので、医師の処方箋がなくても入手可能です。

医薬品を使う場合の注意点!

ここまで紹介したように、コレステロール、中性脂肪の数値を低下させるための医薬品は数多く存在しています。しかし、医薬品には必ずといって良いほど何らかの副作用が存在しており、安易な服用はオススメできません。

また、処方薬に関しては、中等度高コレステロール血症、中等度高トリグリセリド血症と診断されない限り、通常は処方されず、自分の意志で服用できるわけではないのです。要するに、基本的には食生活の見直し、運動といった努力で緩和を図るべきであり、安易に薬に頼って良い…というものではないということでしょう。

スイッチOTC医薬品のエパデールは自分で購入することも出来ますが、やはり医師の診断を仰がずに医薬品を常用するのは考え物。また、第一類の市販医薬品として購入する場合は保険も利きませんから、継続するには経済的負担も大きめです。

食事&サプリメントメントを中心とした対策がオススメ!

ここまで解説したように、自分の判断で医薬品を常用する…というのは、あまりオススメできません。医療機関を受診した上で処方されたなら服用するべきですが、そうでなければ生活習慣を変えることで緩和を図るべきだと思います。

魚料理でコレステロール対策一般に悪玉コレステロール、中性脂肪を減らすためには青魚、納豆などの食品、適度な運動が有用とされていますので、まずは普段の食事に青魚、納豆を加え、週に2〜3日は身体を動かす習慣を作ってみましょう。実際、軽度の高コレステロール血症であれば食事療法、運動療法が推奨されますから、これには大きな意味があるはずです。

ただ、現在の生活スタイルでは青魚、納豆を継続的に摂取することは困難。実際、コレステロール対策に有効とされる1日1,000mgのEPA、DHAを毎日摂るためにはマグロ刺身で9人前、アジ刺身で3人前ほどが必要と言われており、食事だけで充分な量を確保するのは至難の業です。

そこで、EPA、DHAなどの青魚成分を含んだサプリメントメントを活用するのがオススメ。サプリメントに依存しすぎるのは考え物ですが、食事、運動に気を遣いつつ、足りない部分をサプリメントで補う…というのであれば、そのメリットを100%享受することに繋がるでしょう。

>>EPA&DHAを配合したコレステロールを下げるサプリメントメントをチェック!