コレステロールを抑えるには食事の見直しを!

コレステロールを抑える食事脂質検査で“コレステロール値が高い”という結果が出た場合、最初にするべきことは、食生活の見直しです。実際、高コレステロール血症で医療機関にかかったとしても、間違いなく食事療法が行われますから、コレステロールと食事の関連性が非常に深いことは、まず間違いありません。

したがって、軽度のコレステロール血症、あるいは“年齢的にそろそろコレステロール値が気になってきた”という場合、まずは日頃の食事を振り返って、問題点を洗い出すことが必要なのです。

食事によるコレステロール対策のススメ

コレステロールを下げる青魚かつて、日本でコレステロールという言葉をご存じの方はほとんどいらっしゃいませんでした。昔の日本的な食事であれば、コレステロール過多になるケースは稀だったからです。コレステロール過多の人に推奨するべき食事内容を見れば、その理由は一目瞭然。

EPA、DHAといった悪玉コレステロールを減らす栄養分を含んだ青魚、ナットウキナーゼなど血液の健康を守る酵素を含んだ納豆を初めとする大豆製品、さらには脂質やカロリーの過剰な吸収を抑えてくれる食物繊維を持った野菜類が“コレステロールを下げる食事”として推奨されているから。

コレステロールを下げる大豆要するに、日本でずっと食べられてきた和食こそ、コレステロールを減らすために優れた食事だった…ということなのです。

なので、青魚と大豆をタンパク源とした上で、野菜の占める割合が多い和食を続けていれば、少なくとも“これ以上、コレステロールを増やさない”という目標は達成可能といえるでしょう。

食事による対策には限界も…!?

しかしながら“食生活を見直せばコレステロールが順調に下がっていく”と楽観的に構えることは難しいのが実情です。確かに肉類を極力減らして、なおかつ青魚や大豆をタンパク源とすれば、コレステロールを増やさないようにすることは可能ですが…、すでに増えてしまったコレステロール値を下げるとなると…相当量の青魚、大豆を継続摂取しなければなりません。欧米化した生活スタイルが標準となった現在、毎日、毎食、大量の青魚や大豆を食べるというのは、ほとんど不可能です。

特にコレステロール過多になりがちな中年男性は基本的に会社で働いていますから、出先で食事を済ませることも多いですし、会社の付き合いでお酒の席に顔を出すことも多いでしょう。なかなか節制して、タンパク源は魚と大豆…などという生活を続けられるものではありません。

また、ストレスはコレステロール増加のリスクファクターですから、度の過ぎた節制がストレス源になるようでは、あまり意味がない…という事実もあります。

コレステロールを抑えるには食事の見直しを!

以上から、食生活は無理がない程度に和食を重視し、コレステロールの増加を抑えるメニューを取り入れつつも、外食、お酒の席などをゼロにする…といった無茶は控えたほうが無難。その代わり、EPA、DHA、ナットウキナーゼといった栄養素はサプリメントメントから取り入れるようにするのがオススメです。

サプリメントに依存しきって食生活をまったく改善しないようでは問題ですが、食生活をある程度は節制した上でサプリメントを併用すれば、充分にコレステロール値を減らしていくことは可能だと思います。目安としては1日に1食は青魚、納豆を摂取するように心がけ、人付き合いと無関係な場では肉類を控える…、その上でEPA、DHA系のサプリメントメントを活用する…という力加減がオススメです。

>>コレステロールを下げる食品を知りたい!

>>コレステロールにススメのサプリメントメントをチェック!