コレステロール値は食品で下げることが可能!

コレステロール値を食品で下げる健康診断、脂質検査でコレステロール値について指摘された方は、今すぐに食生活を見直す必要があります。仮に、高コレステロール血症が進んで医療機関にかかったとしても、第一選択は食事療法。投薬、運動療法も行われますが、もっとも重要視されているのは食事療法なのです。

結局のところ、偏った食事の末にコレステロール値が上昇したわけですから、根本原因を修正しないことには現状を変えることは出来ません。コレステロール値が下がる食品を中心に献立を組み、コレステロールを標準値に近づけましょう。

コレステロール対策の基本とは…!?

食事療法的なアプローチでコレステロールを減らしたいなら、基本的には“コレステロール値を上げる食材を極力避け、コレステロール値を下げる食材を積極的に摂取する”という実にシンプルな方法を採ることになります。

まず、避けるべき食材は、飽和脂肪酸を含む動物の肉やバター、トランス脂肪酸を含むマーガリン、即席麺、揚げ物、そしてコレステロール自体を多く含む内臓肉、卵、魚卵などです。まったく食べるな…とまでは申しませんが、分量は少なめに留めたほうが無難。

その上で、コレステロール値を減らす食材、悪玉コレステロールが害をもたらすのを防ぐ食材を摂取すれば、徐々にコレステロール値は正常に近づいていくはずです。

それでは、コレステロールを減らしてくれるオススメ食材を具体的に紹介していくことにしましょう!

青魚

青魚というのは、サンマ、アジ、イワシなど背中の部位を青っぽくなっている魚のことです。日本食のタンパク源として一般的ですが、食の欧米化が進んだ現代では、昔に比べて食べる機会が減っています。有用成分はEPAとDHAで、コレステロール値をダイレクトに下げる性質があり、数ある栄養素の中でも特に重要度が高いとされている成分。

>>青魚の有用成分&オススメレシピを見る!

納豆

健康食品の筆頭格である納豆は、コレステロールを減少させる…という働きにおいても大きな影響力を持っています。やや味、匂いにクセがありますが、納豆が苦手な人でも食べられるレシピを紹介していますので、よろしければご参照ください。有用成分はナットウキナーゼで、高脂血症を緩和し、サラサラの血液にするために役立ちます。

>>納豆の有用酵素でコレステロール対策!

青汁

今ではすっかり一般に普及した健康食品の青汁は、体内にある抗コレステロール成分を増加させて、間接的にコレステロール値を減らしてくれる食品です。DHA、EPA、α-リノレン酸など血中脂肪を正常化する栄養素が増える…というのは、コレステロール対策において大きな意味を持ちます。

>>青汁の力でコレステロールを撃退する!

豆乳

大豆を原料とする豆乳には、大豆タンパク、イソフラボンといった健康成分が含まれています。特に大豆タンパクにはLDLコレステロールを胆汁酸の材料として消費させる作用があるため、血中コレステロールが多い方にピッタリです。1日に200mlを摂取し続ければ一定の有用性を発揮するので、手軽に取り入れられるのも大きなポイント。

>>豆乳レシピ、成分分析をチェックする!

ナッツ

アーモンド、カシューナッツ、マカダミアなどのナッツ類にはコレステロールを減少させる性質があると言われています。ビタミンが豊富なのに加え、フィトケミカルという抗酸化成分を含んでおり、LDLコレステロールが酸化して悪影響を及ぼすのを防ぎます。また、善玉コレステロールを増やす働きもあるそうで、穏やかながら有用性の高い成分をたくさん含んでいる食材です。

>>ナッツ類を摂取してコレステロールを撃退する!

野菜

野菜中心の食生活を送ることは、コレステロール値をコントロールする上で非常に有用です。生野菜にはフィトケミカル、酵素など、悪玉コレステロールが動脈硬化を引き起こすのを妨げる成分が含まれていますし、食物繊維は余分なコレステロールの吸収を抑えてくれるからです。

>>野菜レシピ、野菜の有用成分について見る!

ヨーグルト

整腸作用のある食品として知られているヨーグルトですが、実は乳酸菌にはコレステロールの吸収を抑える働きもあると言われています。特にアシドフィルス菌、ビフィズス菌が有力な乳酸菌とされており、腸内のコレステロールを排出させる作用を持っているのです。

>>ヨーグルトの乳酸菌でコレステロールを減らす!

りんご

りんごが健康に良いというのは有名ですが、実は糖尿、肥満、高コレステロールといった現代病を防ぐために非常に有用な万能食材の1つです。食物繊維、ビタミンなどのほか、コレステロールの排出を助けるペクチンが有用成分として知られています。

>>りんごペクチンでコレステロール対策を始める!

ワイン

アルコールの全てが健康に悪い…というわけではありません。ワインに含まれるポリフェノールには、動脈硬化、心疾患のリスクを下げる働きがあるのです。ポリフェノールを含んでいるワインの種類、さたにはアルコールが苦手な方でも楽しめるワインレシピを紹介しています。

>>ワインでコレステロール値を減らしたい!

緑茶

緑茶に含まれる成分のうち、コレステロール値を下げる性質があるのはカテキンです。 胆汁酸の生成を促して、原料であるLDLコレステロールの消費量を増やす…といったメカニズムで、悪玉コレステロールだけをピンポイントに撃退してくれます。また、茶葉を使った料理のレシピも公開しているので、飲み物としての緑茶に飽きてしまった人にオススメ。

>>緑茶レシピ&カテキンの有用性をチェック!

アボカド

バターフルーツとも呼ばれているアボカドは、非常に独特な食感、味を持った果実です。有用成分としてはビタミンEが挙げられ、わずか1個半で成人男性の1日必要量をすべて満たすほどの含有量。コレステロールは酸化すると、アテロームという動脈硬化の原因を生成するのですが、その酸化を防いでくれるのがビタミンEです。

>>アボカドの有用性&推奨レシピを見る!

黒酢ダイエット…といった言葉が流行し、健康食品の1つとして確固たる地位を築きつつある食酢。実は、コレステロール対策においても大きな役割を担っており、有機酸には血糖、血中脂肪を適正に保つ働きがあるのです。黒酢を中心に、コレステロール対策のプラスアルファ食品として役立つ、お酢の力について知りたいなら、コチラをどうぞ。

>>お酢の健康パワーでコレステロールと戦う!

ホタテ

ホタテなどの貝類に多く含まれている成分として、タウリンが挙げられます。タウリンにはコレステロール値をはじめ、体内のバランスを正常範囲内に留めようとする働きがあるため、健康管理の強い味方。また、胆汁酸の生成を促進して、胆汁酸の材料となるLDLコレステロールの消費量を増やす性質も知られています。

>>ホタテの有用成分、タウリンでコレステロールを減らす!