コレステロールに関連した症例〜高脂血症

高脂血症とコレステロールの関係もっともコレステロールとの関連性が高い疾病としては、高脂血症が挙げられます。これは、血液の中に存在する脂肪が過剰になってしまう疾病のことで、悪化すると動脈硬化、膵炎といったより危険な症状をきたすことも…。

最近では脂質が少なすぎる状態を含めて“血液中の脂質量が正常はない状態”を指す言葉である脂質異常症というのが正式名称になっていますが、一般には今でも高脂血症という言葉が用いられていますので、こちらでは高脂血症という名称で統一させて頂きます。

高脂血症とは…?

高脂血症という症状は、血液中の脂質が過剰になることを意味します。正常値を超えた脂質の種類によって2種類に区分され、1つは悪玉コレステロール(LDL)が過剰になった高LDLコレステロール血症、もう片方は中性脂肪が増加した高トリグリセリド血症。 まず、高LDLコレステロール血症は、LDLが140mg/dl以上になった状態を指し、アメリカのガイドラインATP-3では心血管疾患の最重要リスクファクターとされています。次に高トリグリセリド血症は、動脈硬化の発症リスクを高めると言われており、内臓脂肪型肥満の方に多い症状。 いずれにしても、動脈硬化、心疾患、冠動脈疾患などを引き起こす重大なリスクファクターであり、様々な疾病の入り口に立っている状態といえます。

ただ、高脂血症の段階であれば体脂肪率を減らすことで、血中の脂質を減少させることが可能。本格的な病気になる前の“自力でもある程度、引き返せる段階”といえます。高脂血症を過度に恐れることよりも、高脂血症の段階で確実に治す…という考え方が重要なのではないでしょうか。

どうすれば高脂血症を克服できるの?

どうすれば高脂血症を克服できるの?医療機関で治療する場合、軽度なら食事療法と運動療法のみ、中度を超えると投薬が加わります。ただ、もっともコレステロール値との関連が強いのは食生活なのは、食事療法の重要性が他を大きく上回っていると考えてください。

食事療法では、まず総摂取カロリーを抑えるために、軽労働の人は30kcal×標準体重、中労働なら35kcal×標準体重、重労働なら40kcal×標準体重…という制限を設けます。ちなみに労働の強さは生活活動強度で測り、肉体労働ほど重労働、デスクワークは軽労働…という形式で決定。

その上で、青魚、大豆などのタンパク質を重視し、さらに食物繊維の摂取量を増やすと、高脂血症は大きく改善すると言われています。特に青魚にはDHAやEPAといった悪玉コレステロールを減らす栄養素が含まれているので最重要です。

そして、食生活を改善しつつ、1日30分程度の運動を取り入れれば、少なくとも、今よりコレステロール値が上がる…ということは考えられません。

>>コレステロールを下げる食事療法にピッタリな食品を知る!

高脂血症が悪化すると…?

高脂血症が悪化してしまうと、いわゆる生活習慣病を誘発してしまいます。悪玉コレステロールはアテロームという血管詰まりを起こし、動脈硬化が進行…、脳梗塞、心筋梗塞などの血管疾患を引き起こす元になるのです。

動脈硬化は、肥満、糖尿病、高血圧と合わせて“死の四重奏”あるいは“メタボリックシンドローム”と呼ばれることもあり、明確な自覚症状のないまま大病を引き起こすためサイレントキラー(静かなる殺し屋)として恐れられています。しかし、逆に言えば“高脂血症の段階で食生活を改めれば大丈夫”ということでもありますから、早め早めの対処を心がけましょう!

>>そのほか、コレステロールと関連する病気について知る!