動脈硬化の原因はコレステロール!

動脈硬化は、心筋梗塞、狭心症などの虚血性心疾患、脳梗塞、クモ膜下出血をはじめとする脳血管障害を引き起こすリスクファクターになります。そして、動脈硬化の大部分はコレステロール血症を直接原因としている場合が多いのです。

こちらでは、コレステロールとの関連性がもっとも高い疾病、動脈硬化を未然に防ぐための基礎知識をお伝えしています。致死的な疾患のリスクを高める動脈硬化は、中高年の健康を脅かす大きな要因。少しでも早いうちに、リスクを緩和するための手段を講じていただきたいと思います。

動脈硬化とは…?

動脈硬化の原因はコレステロール?一般的に悪玉コレステロールと呼ばれているLDLが増加すると、血管壁にLDLが溜まっていきます。すると、マクロファージ(貪食細胞)がLDLを貪食して除去するのですが、この時にマクロファージは変性してしまい、アテロームという隆起になって血管内に付着してしまうのです。

こうして血管内の血が流れるための空洞が狭くなり、血管壁が厚くなっていくと…、血管の柔軟性が失われて動脈硬化へと繋がります。血液は細胞に栄養、酸素を運搬するはたらいをしていますので、血流がストップした先にある部分は壊死してしまうことも…。これが脳で起きれば脳梗塞、心臓で起きれば心筋梗塞になるわけです。また、壊死までは至らなくても、血流が低下すれば先にある部位は機能が低下し、これが心臓に発生した状態が狭心症。

要するに、動脈硬化は致命的な病気を誘発する要因になるわけです。このため、動脈硬化の患者にはLDLコレステロールを減らすための治療が行われており、具体的には生活習慣の是正、脂質降下薬の投与…といった方法が採られます。

コレステロールを下げる習慣とは…?

医療機関でも、投薬治療を行うのは中等度高コレステロール血症になってからで、軽度の場合は食事療法、運動療法を優先します。結局のところ、血中の脂質を減らすためには、脂質を溜め込むような生活習慣を改めるより他にないからです。

コレステロールを上げる食事肉類、バターなどに多く含まれる飽和脂肪酸、マーガリンや揚げ物に多いトランス脂肪酸は血中脂質を増加させる因子ですから控えめに。その上で、コレステロールを減少させる働きのある食物繊維、不飽和脂肪酸などを含んだ食事を習慣化することが第一になります。

運動については、食事と比べるとコレステロールへの影響は限定的と言われていますが、食事療法と組み合わせることで一定の有用性があるそうです。それほど負荷の大きくない有酸素運動が適しており、ウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリングなどが推奨されます。

>>コレステロールを下げる食事療法に適した食品を知りたい!

サイレントキラー〜動脈硬化の恐怖

動脈硬化のもっとも恐ろしい点は、それ自体に自覚症状がないことだと思います。血管壁が硬く細くなったとしても、特に症状は出ませんから、動脈硬化が進行している…という事実に気づくことはほぼ不可能。初めて症状が出た時には、すでに狭心症、脳梗塞といった致死率の高い病気になっていることが多いのです。

こういった特徴から、動脈硬化をサイレントキラー(静かなる殺し屋)と呼ぶこともあり、糖尿病、高血圧、肥満とともに警戒すべき4大生活習慣病に数えられています。中高年からの健康を考えるために、是非、1度は脂質検査などコレステロール関連の検診を受けて頂ければ幸いです。

>>コレステロールの他にも警戒するべき病気を知りたい!