納豆の有用成分〜ナットウキナーゼ

コレステロール対策に役立つ成分としては、納豆に含まれるナットウキナーゼが上げられます。

ナットウキナーゼでコレステロール対策大豆製品は全般的に栄養価が高く、有用な物質を数多く含有しているといわれていますが、このナットウキナーゼは納豆特有の酵素。いわゆる血液をサラサラにする成分として高い注目を集めているのです。ちなみに、サラサラ血液というのは中性脂肪による高脂血症、コレステロールによる高コレステロール血症になっていない状態を指す…と考えるのが一般的。

こちらでは、そんな血液の健康を守る注目成分、ナットウキナーゼの基礎知識についてまとめたいと思います。

ナットウキナーゼの特徴を解説

ナットウキナーゼというのは、名前のとおり納豆だけに含まれる酵素のことです。キナーゼというのは“酵素を活性化する酵素”という意味合いで、そのまま“納豆に含まれるキナーゼ→納豆キナーゼ→ナットウキナーゼ”と命名されました。発見者は倉敷芸術科学大学の須見洋行博士。

納豆菌が煮豆になった大豆に働きかけ、その過程でナットウキナーゼが生成されます。血栓溶解作用、血液をサラサラにする作用などが知られており、血液の健康を守ってくれる救世主的な存在として注目されている成分です。

納豆に含まれるムチンというネバネバ成分は、胃の表面で胃内壁を保護している成分と類似しており、ナットウキナーゼを胃酸から守って、経口摂取でも一定の有用性を保ったまま吸収されると言われています。

コレステロールの害を緩和するってホント?

コレステロールの害を緩和するナットウキナーゼいわゆるドロドロの血液というのは、中性脂肪、悪玉コレステロールによって高脂血症を起こしている状態のことです。要するに、高コレステロールの状態になると、ドロドロの血液に近づいてしまう…ということになります。

ナットウキナーゼには、血圧を落ち着けたり、血液中の脂質過多を緩和する働きがあるとされており、このドロドロ血をサラサラの状態に変えていく力があると言われているのです。脂質検査でコレステロール値、中性脂肪値が高かった場合、このナットウキナーゼに期待してみるのも良いのではないでしょうか。

ただ、よほどの納豆好きでない限り、毎日継続して納豆を摂取するというのは難しいかもしれません。納豆以外からは一切摂取できない成分ですので、納豆を食べない限り活用できないのも辛いところです。

サプリメントで効率的に摂取するのがオススメ!

ここまで説明したように、高脂血症の傾向がある方、コレステロールや中性脂肪の数値が高めの方にとって、ナットウキナーゼは是非とも注目するべき成分です。しかし、こういった栄養素は継続的に摂取しないと、その恩恵を充分に享受することはできません。そうなると“納豆からしか摂取できない”というのが大きなデメリットになります。

なので、ナットウキナーゼを継続的に摂取したい場合は、やはりサプリメントに頼る必要が出てくるでしょう。もちろん、完全にサプリに依存するのも考え物ですから、時には納豆そのものを摂取するのもお忘れなく。

可能なら、悪玉コレステロールのダイレクトに減らすと言われているDHA、EPAなどの成分と同時接種できるサプリメントがよりオススメです!

>>コレステロールから血液を守る!納豆のレシピ&有用性をチェック!

>>コレステロールを下げるナットウキナーゼのオススメサプリメントを見る!