女性のコレステロール対策はどうすれば良いの?

女性のコレステロール対策男性と女性では、体質、注意するべき病気などが異なります。同じように、やはりコレステロール対策に関しても、性別による違いが存在しているのです。しかしながら、どうもコレステロール対策のwebサイトなどは中年男性をターゲットとしているケースが多く、女性向けの情報が不足しているのが実情。飲酒量が多くなりがちであること、外食でカロリー過多になりやすいこと…などから“男性=コレステロール過多”というイメージが強くありますが、女性もまた、健康維持のためにはコレステロール値を正常に保つ努力をしなければなりません。

そこで、こちらでは女性向けのコレステロール対策に関する知識を紹介しています。年齢とともに健康状態が気になっている…という女性は、こちらを参考に今後の生活習慣を見直してみてください!

女性は更年期以降にコレステロール値が上昇しやすい

女性は更年期以降にコレステロール値が上昇コレステロールが上昇することでリスクが向上する疾患には、狭心症、心筋梗塞など動脈硬化に端を発する疾患があげられますが、これらはもともと男性に多い疾患で女性の場合、発症のリスクは減少します。女性向けのコレステロール対策情報が少ないのには、こういった理由もあるのかもしれません。

しかし、女性の場合は更年期を迎えると状況は大きく変化し“女性だからリスクは低い”と安心してもいられなくなります。男性に比べれば動脈硬化リスクが低い…という点には変わりありませんが、それでも若い頃と比べれば数倍のリスクを負うようになるのです。

実際、男性は30代からコレステロール値が上昇して脂質異常症と診断される方が増えるのに対し、女性は40代前半までは大半の方が正常範囲内で、40代後半、50代から急激にLDLコレステロール、中性脂肪が増加する傾向があります。女性の場合、更年期の頃からコレステロールに警戒することが大切…と覚えてください。

女性ホルモンとコレステロールの関係

なぜ女性はコレステロールの悪影響を受けにくいにもかかわらず、更年期を迎えると脂質異常症になりやすくなるのでしょうか?その答えは、女性ホルモン(エストロゲン)にあります。

女性ホルモン(エストロゲン)もともと女性ホルモンは、女性らしい身体をつくるために全身で働いているホルモンなのですが、実はLDLコレステロール(悪玉)を分解し、HDLコレステロール(善玉)を合成、さらに血管壁の柔軟性を上げる性質まで持っています。そのため、更年期前であれば、女性ホルモンの力である程度LDLコレステロール値の減少をサポートしてくれるのです。さらに血管壁の柔軟性も維持されやすく、多少、LDLコレステロール値が高かったとしても、動脈硬化リスクはそれほど向上しないわけです。

これが、閉経を迎えて女性ホルモンが急激に減ってしまうとLDLコレステロール値が上昇します。そのため脂質検査の結果で脂質異常症が疑われる場合、更年期外来や女性外来を受診して、更年期障害の治療(ホルモン補充療法など)を行うことで脂質異常が同時に改善され、コレステロール値が正常値に戻る可能性もあるのです。

まとめ〜女性ホルモンがコレステロールを抑制!

女性ホルモン(エストロゲン)には、悪玉コレステロールを抑制しつつ善玉コレステロールを増加させる働きがあります。さらに、血管壁の柔軟性を維持する性質まで持っており、まさにコレステロールに悩む方にとっては救世主のような存在。このため、閉経前の女性であれば、それほど意識せずともコレステロールの数値が異常値を示すことは多くありません。

しかし、更年期を迎えて女性ホルモンの分泌量が減少すると、脂質異常値を示す女性が増加します。食生活を見直すなど一般的な対策も有効ですが、場合によってはホルモン補充療法など、更年期障害の治療を行うことで脂質異常を同時に克服できる可能性もあります。

>>コレステロールの全貌を知る