善玉コレステロールっていったい何?

コレステロールの中には善玉コレステロールといって、ひらたく言えば健康増進のために役立つタイプのものが存在しています。

そこで、こちらでは善玉コレステロールがどのような物質なのか、なぜコレステロールの中に健康をサポートしてくれる種類が存在するのか…といった実態を解説。どうすれば善玉コレステロールが増加するのかも含め、お伝えしていきたいと思います。

善玉コレステロール〜HDLの特徴

善玉コレステロール〜HDLの特徴一般に善玉コレステロールと呼ばれているのは、HDL(高比重リポタンパク)です。血中のコレステロールはタンパク質と結びつき、リポタンパクとなります。このリポタンパクの種類によっていわゆるコレステロールには複数の種類が存在。その中で、比較的比重の大きいコレステロールが、いわゆる善玉コレステロールなのです。

このHDLは本来、身体の各組織にある脂質を肝臓に運搬する働きをもっており、いわば“あちこちに存在する脂質、コレステロールの回収係”といった性質を持っています。そのため、血管壁にくっついている悪玉コレステロール(LDL)を除去し、動脈硬化のリスクからサポートしてくれるわけですね。これは肝臓から各組織に脂質を運搬している悪玉コレステロール(LDL)とは、まったく逆の働きをしていることになります。

もちろん、 コレステロールなどの脂質は細胞膜を作るために必要だったりしますので、LDLの“肝臓から身体のあちこちに脂質を運ぶ”という作業も重要です。しかし、正常値を超えて LDLが存在する場合、血液中など余計な場所に脂質が増加し、健康を害してしまいます。そこで、 余分な脂質を回収してくれるHDLの働きが重要になるのです。

本来的にはどちらの作業も必要なのですが、その過程でLDLは健康を害してしまうことがあり、HDLはその問題を解決してくれるわけです。

低HDLコレステロール血症〜善玉コレステロールが減ると…?

善玉コレステロールの減少は動脈硬化のリスクを増加させる善玉コレステロールの量が減少すると、悪玉コレステロール量の割合が高くなります。この場合、悪玉コレステロール値が正常値であったとしても、善玉コレステロール値が下回ってしまえば、動脈硬化を防ぐための働きが追いつかず、結局は動脈硬化のリスクが増してしまいます。これを「低HDLコレステロール血症」と呼び、悪玉コレステロールが増えるのと同じくらいに大きな問題です。

具体的には脂質検査においてHDLコレステロール値が40mg/dl未満になってしまうと、低HDLコレステロール血症の可能性があります。HDLコレステロールが35mg/dl以下の人は50mg/dl以上の人に比べて、心筋梗塞リスクが高くなるという恐れもあります。悪玉コレステロール値を正常に保つことだけでなく、善玉コレステロールの量を維持することにも注意を向けてください。

ちなみに、かつて高脂血症と呼ばれていた疾病が脂質異常症と呼ばれるようになったのも、善玉コレステロール不足による疾病を含める必要があったためです。これからは“善玉コレステロールを増やすことも大切”という認識を持たなければなりません。

善玉コレステロールを増やすためには…?

善玉コレステロールを増やすためには?残念ながら善玉コレステロールを増やす食物というのはほとんどなく、アルコールを摂取するとやや増やす…といった程度のことしか分かっていません。しかし、ビール1本程度の量を超えると害のほうが上回ってしまいますし、お酒が好きでない方に勧めるほどのメリットはないと思います。

それよりも、悪玉コレステロール、中性脂肪を減らすことで相対的に善玉コレステロールの割合を増加させる…というアプローチのほうが有効なので、悪玉コレステロール対策を徹底するほうがずっと効率的です。悪玉コレステロールの減少をサポートする青魚、大豆製品、オリーブオイルなどを摂取しつつ、適度な運動習慣をつけ、喫煙者の方は禁煙する…というのが効率的なアプローチではないでしょうか。

あまりに善玉コレステロールが不足している場合、ベザフィブラート(ベザトール)、フェノフィブラート(リピディル=リパンチル)といった薬品を用いて薬物治療を行う場合もありますが、それほど劇的な変化が生じるわけでもないため、やはり生活習慣の改善がメインになります。

まとめ〜善玉コレステロールは健康維持の強い味方!

世間一般でコレステロールと呼ばれている物質の中には、高比重リポタンパク(HDL)という種別が存在し、これがいわゆる善玉コレステロールです。善玉コレステロールは悪玉コレステロールを除去し、血管にアテローム(粉瘤)が溜まるのを防ぐ働きがあるため、動脈硬化を未然に防ぐサポートをしてくれます。

健康維持のアプローチとしては、悪玉コレステロール、中性脂肪を減らす…という考え方でよいのですが、この“善玉コレステロールを適正値に保つことも重要である”という認識は、今のうちに持っておいたほうがよいかもしれません。

>>コレステロールを正常にする方法