悪玉コレステロールとは?

コレステロールには、善玉と悪玉の2つに分けられます。そして、動脈硬化の原因となるのは「悪玉コレステロール」ですが、どのように引き起こされるのでしょうか?しかし悪玉コレステロールを有害な物質と決めつけてしまうのは間違いです。ここからは勘違いされやすいコレステロールの本質について解説していきます。

悪玉コレステロール〜LDLの特徴

悪玉コレステロール〜LDLの特徴コレステロールといっても、いくつかの種類に分けられるのですが、その全てが動脈硬化の原因になるわけではありません。動脈硬化へと繋がる高コレステロール血症を引き起こすのは、一般に悪玉コレステロールと呼ばれる「LDLコレステロール(低比重リポタンパク)」です。

ただ、LDLが単なる有害物質なのかというと、そうとは言い切れません。LDLは本来、肝臓から末端組織へと脂質を運搬する役割を担っており、栄養の運び手として必要な存在なのです。LDLは時間の経過によって変性LDLという状態に変化。

この変性LDLが血管壁の内側に溜まると、免疫細胞の一種であるマクロファージが変性LDLを取り込んで除去しようと試みます。しかし、処理しきれないほど大量の変性LDLがあると、マクロファージが死んでしまい、泡沫化細胞という、固まって動かない細胞になって、その場にこびりついてしまうのです。このマクロファージの死骸に相当する泡沫化細胞をアテロームと呼びます。そして、アテロームが血管の内側に溜まってしまうのが動脈硬化です。この状態では、血管が厚くなって柔軟性を失い、さらに血の通り道が狭くなって、酸素や栄養を順調に運搬することができなくなってしまいます。

こうした現象が起こってしまうために、LDLは悪玉コレステロールと呼ばれているわけです。

また同じLDLでも粒子の大きさにはバラつきがあり、小さければ小さいほど時間の経過による変質を起こしやすくなりますし、血管壁にも入り込みやすくなるのです。なので、粒子の小さい小型LDLのことを、特に「超悪玉コレステロール」と呼んで区別することがあります。

LDLが悪玉コレステロールと呼ばれて恐れられるのには、以上のような理由があったのです。

高コレステロール血症〜悪玉コレステロールが増えてしまうと…?

血液中の脂質量が多い状態(コレステロールや中性脂肪の数値が高い)を「脂質異常症」と呼びます。かつては高コレステロール血症や高脂質症と呼ばれていましたが、脂質量が低くが不足している場合にも健康上の問題が生じるため、2007年に脂質過剰、脂質不足をまとめて脂質異常症と呼ぶようになりました。(根拠: http://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/qa/110.html)

悪玉コレステロールであるLDLが増加して高コレステロール血症になってしまうと、上述した変性LDLが大量に生まれ、血管壁の柔軟性を奪うアテロームが生成されやすくなってしまうのです。具体的には脂質検査でLDL値が120mg/dlを超えると注意が必要とされ、さらに140mg/dlを超えると高LDLコレステロール血症の疑いが濃厚となります。

脂質検査を受ける際に説明があると思いますが、事前にこれら2つの数値は頭に入れておいた上で、検査に望むとよいでしょう。

悪玉コレステロールを減らす方法は?

ハイリスクな疾病を招く悪玉コレステロール以上のように、動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞や冠動脈疾患といったハイリスクな疾病を招く悪玉コレステロールですが、どのような点に注意すれば、血中の悪玉コレステロールを減らすことができるのでしょうか。

具体的には、やはり食生活の見直しが第一となるでしょう。食べ過ぎはもちろん、糖分を多く含んだ菓子類、ジュースをはじめとした清涼飲料水の摂取を避け、レバーなどの内臓、イクラなど魚卵といった高コレステロール食品を控えることが何より重要です。

またコレステロールを減少させるEPA、DHAなどの不飽和脂肪酸を多く含んだ青魚を積極的に摂取することも効果的です。それに加えて適度な運動を取り入れれば、高コレステロール血症の悪化抑制、緩和は充分に期待できるはずです。

まとめ〜悪玉コレステロールこそ動脈硬化の原因!

悪玉コレステロールと呼ばれているLDLは、血管の壁にアテロームを付着させ、動脈硬化を引き起こしてしまいます。脂質検査による悪玉コレステロール値が120mg/dlを超過すると要注意、140mg/dlを超過すると高コレステロール血症の可能性が高くなる…という基準が存在しますから、この2つの数字はしっかり頭に入れておきましょう。

“自分は大丈夫”という根拠のない自信を捨て、高くなったコレステロール値を減らすライフスタイルへと移行していくことが肝心です。

>>コレステロールによって引き起こされる病気

>>コレステロールを下げる方法とは?