コレステロールとは?

コレステロールとはどんなのも?「中高年になったら注意」、「健康診断で、コレステロールの数値が高くて注意された」、こういった話から、なんとなくコレステロールは“体に悪い”というイメージを持ってしまいます。しかし、コレステロールとはどういうものなのでしょう?体の不調であったり、健康状態が危ぶまれる現代の中高年にとって、コレステロールという存在を避けて通ることはできません。

そこで、こちらではコレステロールの特徴、役割…などを、わかりやすく解説していきます。単に健康を脅かす存在…というだけの認識ではなく、コレステロールの本質を知ることで、健康を維持するために何をすべきかが見えてくるはずです。

実は人間が生きていく上で欠かせない栄養素

コレステロールは脂質の一種で、私たちの体の働きを支える栄養素のひとつなのです。体内に存在するコレステロールのうち、2〜3割は食べ物から摂取されるものですが、残りの7〜8割は肝臓で合成されています。

コレステロールがどのように私たちの体をサポートしてくれるのかというと、身体を作る細胞を包みこむ細胞膜や腸からの栄養吸収をサポートする胆汁(たんじゅう)などの材料になります。また、コレステロールは血液中にも存在し、体内に脂質を運搬する役割を持っています。細胞の膜や脂質の運搬など、ちょっと見えにくい部分での働きですが、私たちの体を陰からサポートをしてくれる重要な物質なのです。一般的に嫌われがちなコレステロールですが、これ自体は“有害な物質”や“不要な物質”ではないのです。

しかし、体内でコレステロールの量が増えすぎてしまうと、健康を支えていた存在から一変して、私たちの健康を脅かす存在となってしまうのです。特に怖いのは、現代病の代表ともいえる「脳梗塞(のうこうそく)」や「心筋梗塞(こうそく)」などの原因になるおそれがあること。

また、現代の中高年の方は、体内のコレステロール値が高いという方が多いこともあり、コレステロールを減らした方がよいという意識やコレステロールは危険な存在であるというイメージが定着してしまったのです。

コレステロールの基準値

体内のコレステロール量を調べるために受けるのが「脂質検査」です。正常な数値、異常な数値、危険な数値など、基準値が決められています。しかし、検査結果で知らされる数値はひとつだけではなく、総コレステロール、LDL、HDL、中性脂肪など数種類あるので、それぞれが何を指しているのかを把握できると今後の健康維持に役立つので、しっかりと押さえておきましょう。

>>コレステロールの基準値を確認する

人体におけるコレステロールの役割

コレステロールは単なる有害物質ではなく、もともと体内に必要なもの。本来どのように体の中で働いているのか?善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違いなどこの機会にコレステロールの正しい知識を知っておきましょう。コレステロールの働きを知ることで“なぜ、過多にならないよう気をつけるべきなのか”が、より深く理解できます。

>>コレステロール本来の役割を学ぶ

悪玉コレステロールの正体

「悪玉」と言うと悪いイメージがありますが、これも体にとって必要なコレステロールの一種。ただし、善玉コレステロールとのバランスが崩れた際に、私たちの健康を脅かす存在となります。こちらでは悪玉コレステロールこと「LDLコレステロール」について解説します。

>>悪玉コレステロールについて学ぶ

善玉コレステロールの正体

コレステロールの中には、健康に良いと言われている善玉コレステロールがあります。しかし、私たちの体にとってどのようによいのでしょうか?こちらでは善玉と呼ばれている「HDLコレステロール」について解説します。

>>善玉コレステロールについて学ぶ

LH比で血管の健康状態が分かる!?

コレステロールを知る上で、押さえておきたいのが「LH比」。検診結果でも注目されるこの数値は、善玉、悪玉それぞれの量よりも重要視されています。こちらでは、まだ一般に知られていないLH比の計算方法、そして健康状態を判断するための基準を解説しています。

>>LH比の計算方法を知りたい!

中性脂肪とコレステロール

中年以降の健康維持を考える上で、コレステロールの他に重要な「中性脂肪」。よく混同してしまう方がいますが、中性脂肪とコレステロールは、似ているようで異なる存在。コレステロールの基本的な知識と併せて押さえておくと、より健康維持への意識も変わってきます。

>>中性脂肪の実態をチェック!

女性とコレステロールの関係

コレステロールは中年男性が気にする問題だと思っていませんか?実は、更年期あたりから女性のコレステロール値が増加すると言われています。女性だからこそ知っておくべきコレステロールの基礎知識をお届けします。

>>女性が知っておくべきコレステロールの知識&対策を学ぶ

コレステロールを増加させる食品とは!?

食品の中には、コレステロールを増加させる可能性が高い…とされている食べ物が存在します。もともと検査結果で“注意が必要”とか“高コレステロール血症”と出ている方は、リスクのある食材を避けたほうがよいかもしれません。要注意の食品リストをチェックして、今後の食生活や調理レシピを検討したいという方は、まずコチラをご覧ください。もちろん、コレステロールを下げてくれる食品にも触れています!

>>食品の影響について知りたい!

20代でもコレステロールが高くなる!?

欧米風のライフスタイルが一般化したこともあり、最近では20代のうちからコレステロール値が上昇してしまう方も珍しくありません。こちらでは、若い時でも油断できないコレステロールの怖さを解説。早めに生活習慣を見直すことで、健康リスクの高まる中高年になった時でも、健やかに過ごせるようになります。

>>若い頃から対策したいならコチラ!

男性ホルモンとコレステロールの関係

コレステロールと男性ホルモンの関連について探り、健康増進のために何をするべきなのか検討してみましょう!

>>男性ホルモンとコレステロールについて詳しくチェック!

監修ドクターの紹介

監修ドクター紹介 吉井クリニック

院長 吉井友季子先生

【クリニック情報】

〒564-0051・大阪府 吹田市豊津町1-21エサカ中央ビル5階

TEL:06-6388-0110
http://www.yoshiiclinic.jp/